【シーズン15最終219位レート2007】オーガナットサンダー~雪だるまを添えて~

f:id:HIpoke:20210301093643p:plain

 H.I.(ハイ)といいます。S15お疲れさまでした。今期もレート2000を達成できましたので、構築を紹介させていただきます。レンタルも公開しているので、サイクルが好きな方はぜひ使ってみてください¥(_ _)¥

 

・作成経緯

f:id:HIpoke:20210301093921j:plain

 今期、初めての伝説環境ということでどのような伝説が強いのかを考えた結果、多くのメジャー伝説に対面で勝つことができる伝説が強いという結論に至りました。そこで、多くのメジャー伝説に打ち勝てるチョッキカイオーガを使うことに決めました。

 次に、カイオーガを使う上で相手のカイオーガやサンダーがきついと感じたので雨との相性も良いHDナットレイを採用しました。

 また、この2体だとウーラオスやエースバーン等の物理アタッカーが重かったので、HBサンダーを採用して軸が完成しました。

 続いて、この軸だと相手の黒バドレックスが重かったのと、ザシアン、ムゲンダイナに対して後手に回ってしまっていたため、スカーフうっぷんばらしガラルヒヒダルマを採用しました。

 また、今期は受けループがかなり多かったため、それらを崩せる枠としてしねんエースバーンを採用しました。

 最後に、これら5体であまりにもきついBW伝説組と壁ゼルネアス等の対策、電気の一貫切りとしてすなかきドリュウズを採用して構築が完成しました。

 

・個体紹介

カイオーガ

f:id:HIpoke:20210301100049p:plain

特性:あめふらし

性格:ひかえめ

実数値(努力値):185(76)-×-121(84)-211(172)-162(12)-131(164)

持ち物:とつげきチョッキ

技:しおふき/こんげんのはどう/かみなり/れいとうビーム

 

最強ぶっ壊れチートシャチ。

基本的に、有利伝説軸に対しては初手に出して高火力を押し付けつつ、裏に引くという動きを取っていました。雨とチョッキによるサイクル性能の高さと、ダイマックスによる制圧力の高さがかなり強かったです。ただ、伝説にはかなり強いものの、貯水持ちやラッキー、ナット等の一般ポケモンで簡単に止まってしまうのはかなりネックでした。こいつらがいると一気にサイクル不利になります。最終日付近にこいつが増えすぎたせいで異常なまでのそのようなメタに遭遇し、めちゃくちゃ苦しかったです。今持たせるならラッキー等の受けだしを許さないために、チョッキではなく珠のほうが強いと思います。また、ラプラスに水技を撃ったり、ランドロスに電気技撃ったりしないといけない場面が出てくるので魂こめましょう。

選出率2位

調整

HB:ようきザシアンの+1きょじゅうざん2耐え

HD:ひかえめ珠サンダーのダイサンダー確定耐え

S:準速日食ネクロズマ抜き抜き

C:余り

 

ナットレイ

f:id:HIpoke:20210301102954g:plain

特性:てつのトゲ

性格:なまいき

努力値:252-0-4-×-252-0(個体値0)

持ち物:たべのこし

技:パワーウィップ/ジャイロボール/やどりぎのタネ/まもる

 

嫌われ者だけど、いざという時頼もしい。ジャイアン的存在。

基本的に裏に置いて、カイオーガに対してダイマを切ってきた相手に受けだしてダイマを無理やり枯らしていました。他にも、雨を活かしてのサイクルが非常に強力で、不一致特殊炎打点程度なら余裕で耐えるので特殊に対してはかなり安定した受けだしが可能です。また、最終日付近に激増してカイオーガ軸に100%出てくるガマゲロゲを倒す枠としても重宝しました。サンダーやダルマに対してダイマを切らせつつナットレイに引いてダイソウゲンで倒すという動きはかなり強く、大草原不可避です。ただ、HDにしている以上物理方面は想像以上に貧弱で、HBなら役割を持つことができていたランドロス等に明確に強くないというのは注意が必要です。それでも最低限の耐久はあります。個人的には、カイオーガに強い水地面やカイオーガへの打点となる草技、強制的にダイマを枯らすことができるまもる、最強の陰キャ技やどりぎは確定で、残り1枠はジャイロかはたきの選択だと思っています。ジャイロは単純に高威力安定技となったり、ダイスチルが強力です。一方、はたきにするとミラーに強くなったり、ラッキーのきせきをはたくことでカイオーガを受からなくすることができたり、黒バドレックスへの打点として使えたりと色々便利になります。

選出率3位

調整

HDぶっぱ余りB

 

〈サンダー〉

f:id:HIpoke:20210301111028p:plain

特性:せいでんき

性格:ずぶとい

努力値:252-×-252-0-4-0

持ち物:オボンのみ

技:ボルトチェンジ/ぼうふう/でんじは/はねやすめ

 

禁伝枠その2。運勝ち製造機。

基本的に、初手に出てきたウーラオス等の物理に対して受けだして何らかの方法で麻痺させてカイオーガで上とれるようにしてました。数的有利を取ってこいつでtodするという試合も数多くあったので、試合を始める段階でtodを視野に入れて立ち回ると勝率が上がると思います。オボンはこいつの若干足りない耐久を補うために持たせていましたが、対ザシアンを意識するならゴツメもありです。選出で困ったらとりあえずこいつを出しておけば何らかの活躍はしてくれるので、選出し得です。また、混乱や麻痺の圧倒的運勝ち性能は禁伝をも凌駕するレベルで、僕が見てる横でとある方がこいつ1匹で相手のラプラスザシアンサンダーを3タテしていて、震えました。

選出率1位

調整

HBぶっぱ余りD

 

〈ガラルヒヒダルマ

f:id:HIpoke:20201201081312g:plain

特性:ごりむちゅう

性格:ようき

努力値:0-252-0-×-4-252

持ち物:こだわりスカーフ

技:つららおとし/フレアドライブ/うっぷんばらし/とんぼがえり

 

黒バドに親を殺された悲しき雪ダルマ。運勝ち製造機その2。

基本的に、受からない相手に対して初手に置いて高火力で負荷をかけていってました。ただ、出し負ける場合も多くあったので裏に引き先を用意しておくのを忘れないようにしましょう。また、ダイマポケモンを一撃で倒すほどの火力は無いため、無理やり初手ダイマで数的有利を取られる動きをされると非常にきついので注意が必要です。特に、イベルタル入り等に安易に出すと初手ダイマで出オチしてtodで負けるということがよくありました。扱いは難しいですが、うまく刺すことができると非常に強力です。ムゲンダイナ入り受けループには無類の強さを発揮しました。ちなみに、自慢のうっぷんばらしで数多の黒バドを葬ってきましたが、実はB4振りダイマ黒バドを乱数56.2%でしか落とせません泣。こいつが刺さっているシーズンは2000のせるのが心なしか楽に感じます。

選出率4位

調整

ASぶっぱ余りD

最速じゃないとザシアン、黒バド抜けない。

 

〈エースバーン〉※キョダイマックス個体

f:id:HIpoke:20200801015807g:plain

特性:リベロ

性格:ようき

努力値:0-252-0-×-4-252

持ち物:いのちのたま

技:かえんボール/とびひざげり/しねんのずつき/とびはねる

 

なんやかんや強い兎。

基本的に、受けループに出して破壊してました。今の受けループは伝説のダイマさえどうにかすればこいつが受からないため、いい感じに崩すことができました。ただ、上手い人になるとしっかりと伝説を使っていなしてくるため、簡単に崩せるというわけではなく、結局プレイング勝負になってました。

選出率5位

調整

ASぶっぱ余りD

 

ドリュウズ

f:id:HIpoke:20210301120441g:plain

特性:すなかき

性格:いじっぱり

実数値(努力値):187(12)-192(156)-96(124)-×-90(36)-131(180)

持ち物:じゃくてんほけん

技:じしん/アイアンヘッド/ロックブラスト/つるぎのまい

 

弱すぎるモグラ

基本的に、カイオーガがきついブラックキュレム等のBW伝説や壁ゼルネアス、白バドレックス、レジエレキ入り等に対するダイマ枠として出していました。ダイマした試合全部負けました。どう考えてもこいつではありませんでしたが、代わりが一切見つからなかったので最後までこのままでした。完全な見せポケ。

選出率6位

調整

HB:ようきザシアンの+1インファイトダイマ時確定耐え

HD:臆病ホワイトキュレムの珠ダイバーンダイマ時確定耐え

S:準速日食ネクロズマ抜き抜き

A:余り

 

・選出、立ち回り

基本選出1:カイオーガ+ナットレイ+サンダー

カイオーガで圧力をかけて相手のダイマを誘発しつつ、裏のナットサンダーで枯らしてからこっちのカイオーガを通すという動きが基本になります。相手に貯水持ちやラッキーがいるとかなり不利なサイクルになってしまうのがネックですが、気合でどうにかしてました。

基本選出2:ヒヒダルマ+サンダー+カイオーガ

明らかにヒヒダルマが刺さっている場合はこっちの選出をします。こっちの選出をする場合、クッションがサンダー1体となるため、基本選出1と比べてダイマ択が難しくなります。また、数的有利を取られやすいため、慎重に立ち回る必要があります。

対受けループ:ヒヒダルマorカイオーガ+エースバーン+サンダー

ヒヒダルマorカイオーガとエースバーンで崩してサンダーでtodのルートが多かったです。todにならずにそのまま決着がつく場合もそこそこありました。絶対に数的不利だけは取られないように立ち回る必要があります。

 

・当たった重いポケモン、並び

イベルタルカイオーガ受け〉

イベルタル入りに出し負けて数的不利を取ると確実に負けるため、初手負けないためにカイオーガから入るのですが、相手のイベルタルダイマしてくるか引いてくるかの2択を当てないと勝てません。その時点で勝率5割になっているのでマジできついです。

ディアルガ

宇宙プレイングでダイマ枯らしてエースバーンで全抜きするしかありません。裏にカウンター持ちいるとなすすべなく敗北します。

〈白バドレックス〉

宇宙プレイングでダイマ枯らして何とかするしかありません。こいつが重くない構築存在するのか疑わしいレベル。

〈ブラックキュレム

ドリュウズ出しても勝てなかったのでこの構築では無理だったのでしょう。

フェローチェ

サンダーで静電気引かないと1.5体持ってかれます。

〈不意に出てくるHD貯水うずしおヌオー〉

誰だよお前。

〈不意に出てくる貯水ぶさいくガマゲロゲ

誰だよお前(ちょっと最終日使ってた)。

〈不意に出てくる貯水......〉

誰だよお(ry

 

・最後に

f:id:HIpoke:20210301131707j:plain

 最終日前日まではカイオーガが無類の強さを誇っており、初めて前日までにレート2000に乗せることができ、2ロム目も1900に乗っているという最高のコンディションで最終日を迎えることができました。しかし、最終日になっていきなり怒涛のカイオーガメタラッシュが始まって一気に勝てなくなり、サブが夏場のチョコレートのように溶けていったため、このままメインを動かしても溶かすだけということを悟ってこのまま保存するという選択をとりました。今期は新ルール一発目ということもあり、とりあえずの目標がレート2000だったこともあってこのまま保存したことに後悔はしていません。来期以降はもっと上を目指して頑張ります。

 何かあれば気軽にTwitterhttps://twitter.com/HI_pazpazまでお願いします。

 ここまで読んでくださりありがとうございました¥(_ _)¥

 

・参考

この構築の原本を作って、2ロム2000を達成したウェイパーさんの構築記事

https://note.com/waper/n/n595827d65bbf

ポケモンの調整が若干違ったりするので比べてみると面白いです。

 

・Special Thanks

最終版同じ軸を使い続けて共に頑張った、ウェイパーさん、ケンさん、こころさん、アッテイさん

めっちゃ色々相談したまーしーさん

そろそろドサイドンがばれてきたたにしさん

シーズン通して一緒に頑張ったマリカ窓のみんな!

Twitterで応援してくれた方々

 

ありがとうございました¥(_ _)¥