【シーズン8最終469位レート2003】初手ダイマ特殊エスバ

f:id:HIpoke:20200801010658j:plain

初めまして、主にYouTubeで活動しているH.I.(ハイ)といいます。

www.youtube.com

今回はORASからポケモンを始めて目標であったレート2000を達成できましたので記事を書くことにしました。

初めて記事を書くので至らない部分があるかと思いますが良ければ最後まで読んでいってください¥(_ _)¥

 

・作成経緯

f:id:HIpoke:20200801012734j:plain

 

S8は初手ダイマ構築を使おうと決めて色々試したところ、特殊エースバーンが一番安定したので採用することを決めました。

次に初手ダイマの後発に置いて強い、タスキウーラオス、弱保ジバコイル、チイラミミッキュ、の3体を採用しました。

エースバーンのささりがあまりよくない相手に対してアタッカー型カバルドンが強いと感じたので、第2の初手ダイマ枠として採用しました。

ラストにダイマ相手でも耐えてから高火力を放っていけるポリゴン2を採用しました。

 

・個体紹介

〈エースバーン〉

f:id:HIpoke:20200801015807g:plain

特性:リベロ 

性格:ひかえめ

努力値:0-×-0-252-4-252

持ち物:いのちのたま

技:ブラストバーン/はかいこうせん/エレキボール/シャドーボール

環境破壊ポケモン。とりあえず初手ダイマして殴るだけで、物理エースバーン対策に出てきたポケモンが消えていきます。

エースバーン受けがいる構築に対しては有利な対面でも積極的に交代読みダイアタック打ってました。こいつが葬ったカバだけでサハラ砂漠が作れます。

エースバーン対面ではほとんどの場合相手がダイジェットを打ってくるので、下から大サンダーを打ってました。珠込みで乱数で倒せますし、倒せなくても先制技で縛れたのでいい感じでした。

 

〈悪ウーラオス

f:id:HIpoke:20200801021201g:plain

 特性:ふかしのこぶし

性格:いじっぱり

努力値:0-252-4-×-0-252

持ち物:きあいのタスキ

技:あんこくきょうだ/インファイト/ふいうち/カウンター

先発がやられた後に出して、永遠にカウンターしてました。

初めはトリトドンで使っていたのですが、トリトドンだと高威力打点がカウンターとミラーコートという相手依存の技しかなく安定しなかったため、自らも火力が出せるウーラオスに変えました。

初手ダイマしてる時点でタスキカウンターはケアされるので、結構択になりましたが、半分ぐらい削れてるダイマ相手には普通に殴っても良い場合が多く火力があるウーラオスの強みが出たと思います。

悪にすることでゴリラ、ドラパに強くでれたので水よりも良かったと思います。

 

ジバコイル

 

f:id:HIpoke:20200801023756g:plain

特性:がんじょう

性格:ひかえめ

努力値:0-×-4-252-0-252

持ち物:じゃくてんほけん

技:10万ボルト/ラスターカノン/はかいこうせん/ボディプレス 

ウーラオスで相手するのが厳しいフェアリーやダイマ特殊アタッカーに対してダイマなしで打ち合っていけたので、上2匹とかなりかみ合っていたと思います。エースバーンの特性無視はズル。

準速にすることで大激戦区の60族を抜けたり無振り80族あたりを抜けるのはえらかったです。

はかいこうせんの枠をてっぺきやでんじはで使っていたのですが、打つ機会が全く無かったので等倍であれば最高打点になるはかいこうせんに変えました。てっていこうせんでもよかったかもしれないです。個人的には、はかいこうせんのほうがかっこいいので好きですが。

刺さりが良ければこいつで初手ダイマしたりもしてました。

初手エアスラで怯ませた後にダイマダイバーンしてきたトゲキッスは許しません。

 

ミミッキュ

 

f:id:HIpoke:20200801025314g:plain

特性 :ばけのかわ

性格:ようき

努力値:12-244-0-×-0-252

持ち物:チイラの実

技:じゃれつく/かげうち/みがわり/のろい

言わずと知れた元祖ダイマ枯らし。

エースバーンがいない構築への選出率はほぼ100%でした。ただ、そんな構築と当たるのが0.1%ぐらいでしたけど。ちなみにダイジェットがないゴリランダーに対しては仕事できるのでゴリランダー入り相手には割と臆さず出してました。

ウーラオスジバコイルがあまりにも出せないような場合にはその代わりとして出すことが多かったです。出したらしっかりと仕事してくれたのでもっと出してもよかったのかなと思います。

のろいが結構強かったですね。

 

カバルドン

f:id:HIpoke:20200801030255g:plain

特性:すなおこし

性格:いじっぱり

努力値:252-252-4-×-0-0

持ち物:ラムの実

技:じしん/かみくだく/ストーンエッジ/ほのおのキバ

第2の初手ダイマ枠として採用しましたが、どっちかというとジバコイルのほうがその枠として適任だったように感じます。ほぼ選出しませんでした。

かみくだくはドラパ意識。エッジはリザその他ひこう意識、炎牙はゴリランダー意識として採用しました。

この枠は変更の余地大ありだと思います。

一応若干の選出誘導力はあったのかなと思います。

 

ポリゴン2

f:id:HIpoke:20200801030857g:plain

特性:アナライズ

性格:ひかえめ

努力値:244-×-12-252-0-0

持ち物:しんかのきせき

技:はかいこうせん/シャドーボール/ほうでん/れいとうビーム

ミミッキュ同様ウーラオスジバコイルが選出できないような場合に選出してました。その場合、ミミッキュとの選択になるのですが、迷ったらどちらかというとこっちを出してました。耐久振らず珠エースバーンのダイナックル耐える耐久があるのはえらいですね。

ダイマ枯らし用としてじこさいせいのほうがよかったような気がします。記憶の限りではじこさいせいがなくて負けた試合は無かったですけど。

アナライズはかいこうせんダイマしてない等倍ポケは大体吹っ飛ぶので、ダイマなしの相手には無類の強さを誇ってました。

 

・立ち回り

基本的に

エースバーン+@2

の選出をしてました。

@2の枠は基本的にはウーラオスジバコイルを出して、ステロ展開等のこいつらがきつい構築にはミミッキュポリゴン2も出してました。正直ほぼ選出ゲーでした。

初手にエースバーンを出して対面した相手に一番通る技を打ってましたが、裏に何らかのエースバーン受けがいる場合には大体ダイアタックを打ってました。そうすることで仮に居座られても相手のSを下げれて次につなげられるし、交代してもエースバーン受けに対しては基本的にダイアタックが等倍で入りそのまま2発で倒せるのでいい選択だと思います。

先にこっちが1体倒してしまうと後は相手のポケモンに有利なポケモンを投げて安定行動してるだけで勝てる試合が多かったです。組む段階ではポリ2がきついかなと思っていたのですが、上3体に表向きはポリゴン2に強いエースバーン、ウーラオスジバコイルを置くことで意外と選出されませんでした。選出された場合もエースバーンとウーラオスで削って突破できる場合が多かったです。

水ウーラオスドリュウズ等の初手スカーフで上から殴ってくるポケモンには無理やりダイマしてました。若干捨て気味にしてたのでそこまで当たらなくて運がよかったと思います。

 

・最後に

記事を書いている際に気づいたのですがミミッキュ以外全員フルアタでしかもその内3体ははかいこうせん搭載という攻撃全振りみたいなパテになってましたw

選出さえできればそこまで読みも必要なく勝てるので初心者の方にもおすすめの構築です。対戦重ねれば選出は割と楽にできるようになります。レンタルも公開してるので是非使ってみてください。勝ち負けが簡単に決まるので、そういうのが好きじゃない方にはあまりお勧めできないですが。

YouTubeもやってるのでよかったら是非!

ハイゲームズ/HiGames - YouTube

構築に関する質問等があればTwitterで気軽に聞いてください!

https://twitter.com/HI_pazpaz

来シーズ以降はサイクルパを練習して再びここに記事を投稿できるように頑張ります!

ここまで読んでくださった方ありがとうございました¥(_ _)¥

 

最終日最高順位&最終レート

f:id:HIpoke:20200801105027j:plain

最終順位

f:id:HIpoke:20200801110404j:plain