【シーズン18最終153位レート2005】レヒレドサイ対面サイクル~ヤンキーの境地~

f:id:HIpoke:20210601124747p:plain

 H.I.(ハイ)といいます。S18お疲れさまでした。今期もレート2000を達成できましたので、構築を紹介させていただきます。即興で組んだ構築なので欠陥はあると思いますが、最終2桁チャレR202X(負けた)までいった構築なのでそこそこ強いと思います。良ければ最後まで読んで使ってみてください¥(_ _)¥

 

・作成経緯

f:id:HIpoke:20210601125201j:plain

 今期は最終日直前まで様々な構築を試していたが、どれも一切勝てずに4桁の番人をしていた。そんな時、ポ通仲間が使っていた準速CS眼鏡レヒレがeasy winを量産していて、強そうだなと感じたので、そこから組み始めることにした。

 次に、このレヒレと相性のいい相方として、よくあるドサイドンを採用。型は色々考えたが、有利対面を作った時の崩し性能や対面性能を最大限高めることができる、弱保剣舞型に決定。これで軸が決定した。

 さらに、終盤あたりに使い始めて使用感がよく、誰もケアしてこないスカーフガブリアスを採用。こいつの採用がかなり良かった思う。

 この3体では重いミミッキュウツロイド、ウオノラゴン、ウーラオス、ゴリランダー等の対策として、ナットレイドヒドイデ、HBサンダーの受け3体を採用して構築が完成した。

 

・個体紹介

カプ・レヒレ

f:id:HIpoke:20210601131447p:plain

特性:ミストメイカ

性格:ひかえめ

努力値:0-×-4-252-0-252

持ち物:こだわりメガネ

技:ムーンフォース/なみのり/くさむすび(ドレインキッス)/トリック

 

今期のヤンキー。対上位専用兵器。

軸その1。基本的にどんな構築にも初手に出して、不利対面であっても突っ込んで、通る技を撃っていた。裏にドサイガブがいると、サンダーが電気技を素直に撃ってくることはほとんど無かったため、サンダー対面は全部ノータイムでムーンフォースを押していた。一見ヤンキープレイングに思えるが、そもそも耐久サンダーであれば上から2発で倒せるためそこまで分が悪い勝負ではない。実際、最終日に当たった人のほとんどは釣り交換や暴風を撃ってきたため、勝手に崩壊していった。ちなみに、ゴリランダー対面も全部突っ込んだ。上位にしか通用しないプレイング。また、Sを上げることでレヒレミラーで負けることはほとんどなく、しっぽトリックに対してもこちらが再度トリックすることで起点にならないので、かなり強かった。マジで勇気がいるポケモンだが、そのリターンは非常に大きく、easy winを量産してくれた。初手に出した際に、裏に引いた回数は片手で数える程度。ただ、初手に来るエースバーンはほぼ襷のダスト持ちなのでおとなしくドサイかガブに引こう。

選出率1位

 

ドサイドン

f:id:HIpoke:20210402014221g:plain

特性:ハードロック

性格:いじっぱり

実数値(努力値):207(132)-182(44)-151(4)-×-104(228)-73(100)

持ち物:弱点保険

技:じしん/ロックブラスト/れいとうパンチ/つるぎのまい

 

性能が禁伝レベルのイシツブテ発射マシン。

軸その2。サンダー入りのほぼすべての構築に出して、裏から圧力をかけつつ相手を2~3体持っていく。耐久がバグレベルなので、HP満タンの状態からダイマックスをすると実質2体分のダイマックスを使えるような感覚。特にその対面性能は目を見張るものがあり、構築全員対面ドサイドンに勝てないという構築もそこそこあった。なにより、環境トップのサンダーに圧倒的に強いというのが非常に強力で、サンダードサイ対面ができたものなら好き放題できる。ただ、もちろんきつい相手も存在し、ウーラオスやウオノラゴン、テッカグヤ、ゴリランダーには特に注意が必要。また、終盤増加したHBポリ2にも若干不利を取るので、気を付ける必要がある。これらをしっかりとケアできれば全ポケモントップの強さだと思う。ちなみに、サンダーでドサイドンに暴風で突っ込んできた人に対して文句を言いたいが、僕もレヒレで似たようなことをしていたので何も言えない。

選出率2位

調整

HD方面:臆病サンダーの珠ダイジェット2耐え

S:S下降補正ポリ2(実数値72)抜き、ミラー意識

 

ガブリアス

f:id:HIpoke:20210601140421p:plain

特性:さめはだ

性格:ようき

努力値:0-252-0-×-4-252

持ち物:こだわりスカーフ

技:げきりん/じしん/ストーンエッジ/ほのおのキバ

 

主人公リターンズ。

軸+@1の@1の枠として、一貫を作った後に裏から出してスイープする。現環境でスカーフが警戒されることはまず無く、相手から見えていない勝ち筋を生み出せていて非常に強かった。また、さめはだによる対面性能も強力で、襷エースバーンに後出しから相打ち以上を取れるのはマジで強かった。対面であれば、襷フェローチェダイマバシャーモ、スカーフヒヒダルマ等、幅広いポケモンに相手の想定外から勝つことができる。さらに、ウツロイドのメテオビームに後出ししたのち、こちらの耐久の無さからダイマックスしてくる相手に対しても刺さる。また、このポケモンは一貫を作った時が最も強力で、軸の2体で相手の3体を大きく削った後、上から処理できると思っている相手のそのさらに上からスイープすることができる。ただ、ドラゴン技に逆鱗を採用している関係上、相手のミミッキュにはかなり警戒しないといけない。上手く使えればかなり強いが、適当に使って強いわけではない。今期の隠れMVP。

選出率3位

 

ナットレイ

f:id:HIpoke:20210601142215g:plain

特性:てつのトゲ

性格:わんぱく

努力値:252-0-252-×-0-4

持ち物:食べ残し

技:ボディプレス/てっぺき/まもる/やどりぎのタネ

 

生けるゾンビ。

軸+@1の@1の枠としてガブリアスより刺さっている場合に選出して、鉄壁から相手を詰ませる。ミミノラゴンのような構築に対しては無類の強さを誇り、1匹で相手が降参するレベル。まもるの枠はジャイロボールや草技との選択だが、ダイマを無理やり枯らすことができ、食べ残し、やどりぎとの相性も良いまもるが個人的に一番使いやすかったため、最後まで使い続けた。これによって起きる弊害は、ミミッキュの処理速度が落ちてしまうこと。ただ、あまり気にならなかったのでこれでよかったと思う。一応、基本選出で重いウツロイドの選出抑制枠でもある。

選出率4位

調整

S:同族意識で余り

 

〈サンダー〉

f:id:HIpoke:20210301111028p:plain

特性:せいでんき

性格:ずぶとい

実数値(努力値):191(204)-×-147(228)-145(0)-110(0)-130(76)

持ち物:アッキのみ

技:ほうでん/ぼうふう/ねっぷう/はねやすめ

 

毎度おなじみ運勝ち製造機。

ゴリランダー入りに対してゴリランダー受けとして出すことがほとんど。テッカグヤがきついのでテッカグヤ入りにもたまに出す。単体性能に関しては間違いなくトップだが、最終日に爆増したドサイドンのせいでほとんど出すことができなかった。今期はサンダーが登場して以降の7シーズンでサンダーが最も弱かったシーズンだと思う。

調整

S:実数値128(+1で最速アーゴヨン抜き抜き)あたりを抜ける実数値130

H:色々な定数ダメージ最小の191

B:できるだけ高く

 

ドヒドイデ

f:id:HIpoke:20210601144511g:plain

特性:さいせいりょく

性格:ずぶとい

努力値:252-×-252-0-4-0

持ち物:くろいヘドロ

技:ねっとう/トーチカ/くろいきり/じこさいせい

 

TOD専用マシン。要検討枠。

構築単位できつい、ミミッキュ、ウオノラゴン、ウーラオスを受ける枠として採用したつもりが、いつの間にか積み展開に対するTOD要因になっていた。クレセやピクシーが見えたら大体投げて、数的有利を取った後に、こいつでTODしていた。この枠はほとんど選出しなかったので、受けループ対策等の枠にしても良かった気がする。ただ、ミミッキュ、ウーラオスの選出抑制になっていた気がするので、このままでもいいかも。

選出率6位

 

・選出、立ち回り

基本選出:ヒレ+ドサイ+@1

初手のレヒレで荒らして、ドサイ+@1で詰める。または、この3体でサイクルしつつ、ガブやドサイの一貫を作る。対面的な動きもサイクルもできるハイブリッド選出。

※基本選出にとらわれ過ぎず、相手の構築に合わせて柔軟に選出を変えることが大切。例)レヒレ+サンダー+ナット等々

 

・重いポケモン、並び(多すぎる)

〈受けループ〉

当たらないことで対策とする。最終日当たった人で使ってた人は2人だけだったので、切るという選択肢は間違ってなかった気がする。ちなみに合計3回当たって全部負けた。

テッカグヤ

今期勝ちきれなかった要因は、こいつが重かったことが一番大きいと思う。最終盤にかなり数を増やしていたが、この構築を作成した段階ではそこまで多くなかったため、若干重くてもいいかなと甘えてしまった。この点が今期一番悔やまれる。

〈ゴリランダー〉

サンダーを出さないと異常に重い。ゴリラ+ドサイみたいな構築だとボコボコにされる。最悪、交代読みしてくる読みでレヒレで突っ込んで◯す。

〈水ロトム

ナットレイ以外全員ボコボコにされる。

ミミッキュ

ドヒドイデ出さないと、なんやかんやきつい。ドヒドイデはいたみわけ型にはめられる。

〈HBポリ2〉

この構築のポリ2の突破手段がほぼドサイ頼みであるため、HBだとかなりきつい。終盤増えていたので、もっと明確な対策をするべきだった。

ナットレイ

ヒレで荒らすことができず、逆に荒らされる。意外と気合でどうにかなる。

 

・最後に

f:id:HIpoke:20210601151611j:plain

f:id:HIpoke:20210601151710j:plain

 今期は、序盤から終盤までずっと4桁前半で燻っていて、かなり厳しい状況でしたが、何とか最終日2日前に即興で組んだ構築がはまってよかったです。ただ、即興で組んだせいで、欠陥も多く、最終日勝ち切ることはできませんでした。8時48分(シーズン終了11分前)から最終2桁チャレに挑みましたが、重いテッカグヤ軸と当たって、惨敗してしまいました。2桁目標でやってきたシーズンだっただけに、悔しさが残りますが、来期は気合で最終2桁とれるように頑張ります。

 何かあれば気軽にTwitterhttps://twitter.com/HI_pazpazまでお願いします。

 ここまで読んでくださりありがとうございました¥(_ _)¥

 

・Special Thanks

眼鏡レヒレの案をくれたまーしーさん

最終日一緒に頑張った、あーちゃん、ウェイパーさん、こころさん、じょにくん、たにしさん、てとらくん、ななっちゃん、まりさん、りらっさん、アッテイさん、ソラくん、カンさん、ケンさん、ルセリアくん、ランクルス

たま友窓のみんな

最終日当たった方々

Twitterで応援してくれた方々

 

ありがとうございました¥(_ _)¥